おすすめの初心者用ピアノキーボードまとめ(2018年版) 

81OObJWuq9L._SL1500_

楽器を習い始める、または誰かのためにギアを購入する際によくある質問があります。

これらの質問のほとんどは、どんな機能が必要なのか、どのタイプを選択すべきか、そしてどれくらい費やすべきかといった内容です。

最後の質問には買い手しか答えられませんが、他の質問に対しては幾つかのガイドラインがあります。

ギターやドラムと同様に、キーボードやピアノに関しての最も基本的な質問は、何でも弾けるものを最初から購入するべきか、安価なバージョンを選ぶべきかといったものです。

ギターとドラムでは、これは安価な電気オプションにするか、それともアコースティックオプションにするかといった選択になるでしょう。

キーボードの場合この質問は往々にして、初心者の間は負担の少ない安価なもにして、それで上達するのに十分かどうかということを意味します。

どちらの場合も、タッチ、姿勢、技法がどのように上達していくかを決定づけます。

非常に軽いタッチの初心者用の安価な楽器を購入すると、たくさんのお金を節約することができます。

しかし、最初に適切な感覚を発達させないと、長期的に不利益を被る可能性があります。

アコースティックギター、ウェイテッドキー付き鍵盤、アコースティックドラムセットは、初心者には扱いが難しく、習得をあきらめてしまう可能性が高くなります。

しかしこのアプローチは、強さと適切なコーディネーションをより速く構築し、長期的にはより良い選択となるでしょう。

キーボードのキーには以下のオプションがあります:

アンウェイテッド、タッチセンシティブ、セミ・ウェイテッド、フル・ウェイテッド、ハンマーアクション。

これらはそれほど理想的でないものから最も理想的でアコースティックピアノに似ているものの順に並んでいます。

快適でリアルなキーを選択する必要がありますが、デジタルでキーがどれだけ強く押されたかを知るタッチ感度でも何もないよりましです。

そして、初心者のためにキーボードを購入するときは、少なくともフルサイズのキーにするのが理にかなっています。

いくつかの安価なキーボードではこれが不十分なものもありますが、指使いを正しく学ぶにはキーの間隔が必要です。

さらに、少なくとも61個のキーが必要です。

小さなキーボードが作られていますが、キー数は節約する価値がありません。

初心者のピアノテクニックでは使用範囲が限られていますが、追加のオクターブが必要になるまでそう長くは掛かりません。

もし買う余裕があるのなら、88のフルキ―を選ぶべきでしょう。

それとは逆に、初心者には最高級のものは必要ありません。

あなたが上達するまでのしばらくの間十分なものであれば、最初から超高級なキーボードを持つ必要はありません。

あなたは多くのサウンドとボイスを必要としていません – 世界のシンセ・プレイヤーにそれは任せておいて下さい。

考慮すべき他の事項は、ポリフォニーと、一度に再生できる音符数です。

非常に安価なキーボードはこれらを数個に制限していますが、これは避けた方が良いでしょう。

サスティンペダルを接続できるモデルを探すべきですが、必要に応じて最初はこのオプションを費用の節約のために犠牲にしても良いでしょう。

最後に、練習中にレッスンを強化するために、組み込みのトレーニング、伴奏、または少なくとも音楽を再生する機能オプションを検討してください。

この記事では、価格面で初心者用キーボードを実質的に全てカバーしています。

各買い手やプレーヤーは、初心者価格であるとみなすためのそれぞれの判断基準を持っており、マーケットにはそれぞれの解釈に合ったオプションがあります。

初心者のためのベストキーボードを以下にご紹介します:

カシオCTK-3500 EPA 61キー教育キーボードパック

カシオCTK-3500

長所

61個のフルサイズキー
2つのレベルのタッチ感度
48ノート・ポリフォニー
バンドルには、ヘッドフォン、USBケーブル、ラーニングソフトウェア、スタンドおよび電源が含まれます

短所

バンドルにベンチが含まれていません
組み込みのピアノ音は本物にほど遠い
他のオプションと比較して中央ハがオフセットとなっている。
一部のユーザーには過度に複雑に感じる

カシオCTK-3500

カシオはキーボードの世界では有名ですが、それは80年代から音を出す玩具ユニットとして知られています。

これは、61種類のフルサイズのキーと2種類のタッチ感度を組み合わせたしっかりとした学習用ピアノキーボードで、あなたの演奏にどのように反応するかを設定する事ができます。

初心者はおそらく使用しないでしょうが、演奏する際に使用できる100のリズムと、400の異なるボイスが含まれています。

このバンドルには学習を開始するのを助ける全ての重要なもの、ヘッドホン(あらゆる楽器の初心者のためのの必須アイテムで、音響オプションでカバーできないもの)、スタンド、USBケーブル、電源、補足CDが含まれています。

さらに、カシオ は昨年、キーボードをスマートフォンに接続してトレーニングを強化するChordana Playアプリを発表しました。

これはCTKシリーズの中位に位置しています。

CTK-2550バンドルは129.99ドルですが、前述のタッチ感度とCTK-6200バンドルは229.95ドルとなり、初心者にとっては魅力的ではないボイスや効果が追加されています。

同等のオプションには、ベンチが含まれているヤマハPSRE263(価格は219ドル)と、ライトウェイテッドキーを持つ アルセシス メロディー61(価格は$ 119.99)があります。

Alesis Recital 88-Key初心者のデジタルピアノ

Alesis Recital

長所

調整可能なタッチ感度を備えた88のフルサイズ、セミウェイトキー
128音のポリフェニー
2つのボイスを組み合わせたり、それらの間でキーボードを分割する能力
Skooveオンラインピアノレッスンの3ヶ月間の定期購読を含む

短所

音が聞こえないリスナーもいる
キーが硬く安物に感じる
内蔵のスピーカーはローエンドに追いつきません。
幾つかの品質管理の問題

Alesis Recital

Recitalには88のキーがすべて含まれており、プロフェッショナルなデジタルピアノのように見えます。

これらのキーはセミウェイテッドですが、調整可能なタッチ感度も含まれており、初心者にとっては素晴らしい妥協点となります。

さらに、以前のキーボードにはボタンがパラパラと付いていましたが、このオプションではすべてを5つのボイス、分割機能、2つのエフェクト、2つのモードボタンにまとめ簡素化しています。

任意の2つのボイスを一度に組み合わせて、より大きくて豊かなサウンドにすることができます。

また、ボイスを分割して異なるボイスを左右で再生することもできます。

これはピアノを習得しようとしている初心者用には上級のタッチですが、上達するにつれて伸びていくことを意味します。

20ワットのスピーカーが内蔵されています。

また、後部のUSB用の差し込み口、サステインペダル、RCA出力、ヘッドフォン、付属のアダプターの電源も装備されています。

最後に、このバンドルhttps://www.skoove.com/en?にはインタラクティブ・オンライン・ピアノレッスンサービスであるSkooveの3カ月の定期購読がついてきます。

この価格は初心者のためのものであり、プロレベルのユニットで得られる体験を期待すべきではありません。

d上級のものでは、https://amzn.to/2AkVCao アコースティックピアノに近い感触が得られるハンマーウェイテッドキーを持つアルセシス リサイタルプロも検討できるでしょう。

ヤマハP45 88キーウェイテッドアクションデジタルピアノ

ヤマハP45 88キーウェイテッドアクションデジタルピアノ

長所

88フルサイズ、正確に荷重されたキー
2つのボイスを組み合わせたり、それらの間でキーボードを分割する能力
64音のポリフェニー
アコースティックピアノ音を再現する高度な処理

短所

初心者にとってかなり高価なスタートとなります。
ウェイテッドキーは、重くて持ち運び用ではないことを意味します
低い音符は高い音符よりも音が大きく、アンバランスになります。
幾つかの品質管理の問題

ヤマハP45 88キーウェイテッドアクションデジタルピアノ

あなたやピアノ初心者がピアノのレッスンを受ける場合、そのレッスンはアコースティックピアノで行われる可能性が高いでしょう。

ピアノの教師はアコースティックピアノの部屋を家に持っているかもしれませんが、誰もがそうであるとは限りません。
すべてのカテゴリーで多数のピアノを作っているヤマハのこのオプションでは、88のフルウェイテッドキーを提供しています。

これらは、会社のGraded Hammer Standardを使用し、明らかに高めのものよりもより重く演奏する低めのストリングで荷重されています。

Alesisのように、これは、アコースティック楽器のトーンを再現するために独自の処理システムを使用する2つのボイスを組み合わせるためのボタンを最小限に使用しています。

これにはいくつかの欠点があります。

一部のユーザーは記録音量が正確ではないと気づきますが、初心者はこれで苦労することはありません。

サステインペダルも付属しています。

これらの同じラインに沿ってアップグレードをしたい場合は、ヤマハ9’CFIIISコンサートグランドピアノをモデルにしたヤマハ P125 を見て $ 599.99で購入したいと思うでしょう。

ヤマハYDP103Rアリウスシリーズデジタルコンソールピアノ

ヤマハYDP103Rアリウスシリーズデジタルコンソールピアノ

長所

コンソールデジタルピアノは、適切な姿勢と技術を促進します。
88 GHSウェイテッド・キー
64音のポリフェニー
内蔵サステインペダルとUSB接続

短所

値段が高い
直立型ピアノのサイズに近い(しかし、ヘッドホンを使用して無音で引ける利点がある)
一部のユニットの出荷損傷
構造のためのハードウェアは安い方であり、一部のユニットは完全なセットなしで出荷されます

ヤマハYDP103Rアリウスシリーズデジタルコンソールピアノ

あなたが予算と嗜好があるのなら、自宅でピアノを学ぶための最高のソリューションの1つは、デジタルコンソールピアノです。

アコースティックピアノの適切なセットアップと高さの組み合わせで、ヘッドホンで静かに演奏できるという利点を持っています。

これまでのヤマハのオプションと同様に、これはGHSウェイテッドキーを使用しています。

黒鍵は滑りやすくならないように湿気を吸収するために、特殊なマット仕上げのコ―ティングが施されています。

これには、ベンチ、スタンド、内蔵のサステインダンパーペダル、ダンパーペダルなど、専用のピアノスペースを設定するのに必要なすべてのものが同梱されています。

ステレオフォニックオプティマイザと呼ばれる技術を持っており、ヘッドフォンの使用を補っています。

そして処理システムと共にアコースティック楽器の音を再現するのに役立ちます。

スマートフォンやコンピュータで使用するためのUSB出力があり、ピアノの側面をコントロールするだけでなく、ピアノレッスンソフトウェアと接続することができます。

103はAriusの最も基本的なもので、一番上の184 の$ 2,199.99との間で5つの異なるオプションを提供しています。

ランクを上げていくと、ヤマハの最も評価されているアコースティックピアノを注意深くモデルにしたものも含め、より多くのポリフォニー、MIDI接続、アップグレードされたキーおよび追加のボイスが得られます。

エントリーレベルがすでに大部分の初心者にとっては余分ですが、選択肢を持つのは良いことです。

競争力のある カシオPX -860 は出荷時ベンチはついてきませんが、考慮する価値があるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする