おすすめの釣り用靴まとめ(2018年版) 

Fly-Fishing-Shoes-and-Boots

「ウエットウェーディング」は全く過小評価されています。

もし釣りに快適な水温や天候なら、フルチェストウェーダーもしくはヒップブーツの準備になぜ時間を費やすのでしょう?

頑丈で信頼できるウエーディングシューズは、より高価で集約的なウエーディングシステムの代替品として素晴らしく、様々なシナリオで釣りを本当にシンプルにしてくれます。

天気の良い日、ベージンクスーツを着て気に入ったウェーディングサンダル、ネオプレン製品もしくはスニーカーを履き、釣りをしていると開放的な気分になります

ドライウェーディングシステムを使うよりも水の中に素早く快適に入る方法はありません。

気温が高いとき、ウェードフィッシングをするのはもちろん素晴らしいです。

従来のウェーダーに対しウェットウェーディングでは動きが自由で、自分の体を支えることに関してとても改善されています。

必要なのは軽量の釣り道具一式だけで、全ては準備完了です!

もちろん全ての釣りでウェーディングシューズが使えるわけではありませんが、使えるならば準備する価値はあります。

長い距離を歩く際、胸まであるウェーダーやブーツよりもスニーカーの方が遥かに楽です。
太陽が出ているなか歩くなら、このリストがお勧めです。

釣りをするのが石の多い流れや小川、砂だらけの海岸線、底が泥状の池のいずれにせよ、私達はウエットウェーディングのための最適な選択を追求してきました。

私達は販売中の製品の中から5種類の違ったスタイルのウェーディングフットウエアを選びました。

ネオプレンブーツ、様々なスタイルのサンダル、そしてウェーディングスニーカーがそれぞれの状況で最高の品質と価値を持つものとして選ばれました。

私達のリストを読み、あなたが歩くであろう地勢や必要な耐久性を考えてください。

選択肢の中のいくつかはネオプレンソックスとのペアが最適ですが、その他は素足が合っています。

それぞれの項目で触れている他製品も忘れずに確認してください。

それらはウェーディングフットウェアのカテゴリにおいて厳選品ではないかもしれませんが、それでもあなたに最適な素晴らしい製品です!

 ホッジマン ネオプレンウェードシュー

ホッジマン ネオプレンウェードシュー

ネオプレンブーティもしくはウェーディングシューズは足を完全に覆いたい釣り人にとって素晴らしい選択肢です。

もしあなたソールが体と離れているウェーディングフットウェア(別名サンダル)では避けたくなるようなぬかるんだ泥の中を歩くつもりなら、

ネオプレンウェーディングシューズとスニーカースタイルのウェーディングフットウェアは泥の中でより性能を発揮します。
なぜなら、ソールが足に固定され、サンダルのように引っ張られることがないからです。

ネオプレンはまた優れた換気機能を持ち、この種のウェーディングウェアはつま先を確実に暖かに保ちます。

もしウエットウェーディングをするなら水温は問題ではないかもしれませんが、長時間流れに晒していると、1日の終わりには手足が冷えてきます。

この3.5mmのネオプレンウェードシューズはシンプルですが競合製品よりも優れています。

ホッジマンは丈夫なラバー製の靴底をしているので、先の尖ったものから足を保護してくれます。

石や小枝の多い小川、池、湖、また鋭い貝殻のある海岸線はこのシューズがあれば問題ありません。

あなたは釣りに集中でき、足も安全です。

この種のウェーディングフットウェアの有益な機能のひとつは、小さな岩や小石をいかに上手く排除するかです。

もしあなたがぐらぐらした大量の石がある所で釣りをしているとすると、10分おきにシューズの中から小石をとらなければならず、とてもイライラします。

これらのブーツはくるぶしの上までジッパーでしっかりフィットしているので、破片を取り出す必要がありません。

それは素足もしくは薄いネオプレンソックスとペアで履くことができます。

あなたの足や歩き方により、くるぶしに擦り傷を作るかもしれません。

薄いネオプレンソックスがこの問題を解決するでしょう。

もしソックスとペアで購入するなら、余裕のある1サイズ大きめを考えましょう。

ほとんどのカスタマーレビューでこのブーツは素足に履くと快適であると言われています。

もし足への擦り傷が気になるようでしたら、いつでもソックスを試すことができます。

それは何よりも快適です。

ウェーディングシューズは十分暖かいです。

50ドルの価格でこれは素晴らしく価値のある製品です。

これらは頑丈に形成され、良好な摩擦力を持ち、他のあらゆる作業にも使えます。

ボート遊び、ジェットフィッシング、森林ハイキング、もしくは庭園歩きにも最適です。

手ごろな価格で並んだ他の頑丈なウェーディングブーツ – ホッジマンはウェーディングフットウェアのこのカテゴリーでの素晴らしい選択肢です。

似たような価格で購入価値のあるいくつかのネオプレンブーツが他にもあります。

Aransas II Surf や Frogg ToggsのSand Shoe 、そして Duck & FishのNeoprene Flat Wading Shoe です。

Duck & Fishのブーツは5mmで、側面にジッパーがありますが、ホッジマンよりもいくらか安いです。

Frogg Toggs の製品はよりスポーティなソールで、ホッジマンのシンプルなラバーに比べ、長距離のハイクに向いています。

どれがあなたに最適なのか決めましょう。

ホッジマン ネオプレンウェードシュー

良い点:

* 手頃な価格

* ほとんどの場合にネオプレンソックス無しで快適に着用可能

* ブーツに入り込む小石や砂を排除する設計、またへばりつかずに泥道を歩行可能

* 丈夫なラバーソールが貝殻や岩や小枝のような鋭く尖ったものから効果的に保護

* ジッパーは耐久性があり、前面と側面で引っ張られる事がない

良くない点:

* 3.5mmのネオプレンの側面は穴が開きやすく水の外でイバラやギザギザの石の中を歩き回ると擦り傷ができます。

* これらのブーツは水辺ではとても格好良いが、公の場では履かない方が無難です。

キーン ニューポート H2 サンダル

キーン ニューポート H2 サンダル

こちらは有名なアウトドア用品店のキーンからユニークなウェーディングフットウェアです。

ハイキングブーツで業界リーダーのキーンはアウトドア愛好家から信頼され愛されています。

ニューポートH2サンダルはブーツとサンダルの両方の長所を持つハイブリッドです。

激しいトレッキングもこのサンダルで問題ありません。

釣り用フットウェアとしても有能です。

男性、女性両方のサイズがあり、Newport H2sはウェットウェーディングに高度なアプローチをしています。

Newportsは激しい利用に耐えられるよう製造されています。

KEENはあなた方がフットウェアを叩きのめすように使うことを知っています。

これは職人の技で何シーズンも持ちます。

これらのサンダルは例外なく、ポリエステルの生地とラバー製のソールがNewportsを釘のように頑丈なものにしています。

KEENは痛みを取り除く特徴的なスタイルをしたつま先を持ち、ポリエステルの本体はまた他のサンダルよりもソールにより密着しています。

それは開放型のサンダルですが、ストラップ生地と踵の結合は良く、靴底とも大変よく密着しています。

これは、泥の中で歩く際に地面にくっつくことが少ないということです。

サンダルとして、これはネオプレンブーツもしくはウェーディングスニーカーよりも泥の中から抜け出すのが大変ですが、その問題を最小限にするようデザインされています。

暑い日にはサンダルの通気性がとても良いです。
そしてキーンはどんな地形でもこのフットウェアを効果的に着用するための方法をみつけました。

3mmの突起とペアになった靴底はとても良い摩擦力を発揮します。

繰り返しますが、このサンダルはウェーディングに適した高品質のハイキングブーツです。

活動的なハイキングや釣りへの適用を強化されているつま先キャップがあることで、何もなくさらされているよりも安全です。

サンダルをしっかり安定させるバンジーシステムはとても速くシンプルです。

このサンダルはすぐに着脱可能で、調節はバンジーコード上の押しボタンにより簡単です。

これらは素足に履くようデザインされているので、足を全て覆う必要がなければ、ネオプレンソックスは不要です。

釣り人の中にはウェーディング環境によって完全に覆われたものを望む方もいるかもしれません (この場合はネオプレンブーツもしくはウェーディングスニーカーが良い選択かもしれません)。

メーカーは通常の靴のサイズよりも半サイズ大きいモデルの購入を勧めています。

靴底の高さとストラップのデザイン上のお陰で、正しく固定されていればサンダルに入り込む小石はほとんど問題にはなりません。

サンダルの空いたヒールから大量の破片が入ったら、サンダルを緩めて中に入ったものを簡単に外に出すことができます。

Newportはおそらく最も多目的な選択肢ですが、どのタイプのシューズがあなたの釣り状況に理想的なのか注意してください。

サンダルの通気性と快適さ、ハイキングブーツの保護性能、そしてウェーディングフットウェアとしてもソールの地面を掴む力を備えています。

もし山道に対応し、幅広いウェーディング環境に合ったものが必要なら、KEENがお勧めです。

もう一つ、Newportと同じように設計され、価格も似ている人気製品は、Merrell Men’s All Out Blaze Sieve Water Shoes です。

それはNewportよりも狭いヒールを持つ、とてもよく似たモデルです。

Blaze Sieve Convertible Water Sandals also by Merrell は、つま先の出たデザインかつ素晴らしい吸引力を持つVibram tc5を搭載した、もう一つの選択肢です。

もう一つ価値があるのはColumbia Supervent II Water Shoe です。

全てはウェーディングフットウェアの領域で素晴らしい選択肢です。

キーン ニューポート H2 サンダル

良い点:

* 長く集中したトレッキング向けの素晴らしいハイキングフットウェア

* ひもで縛るシステムは大変シンプルでしっかり固定可能

* とても頑丈なポリエステルの生地とソール素材 – ハイキングや釣りに何年も使える

* 21種類のカラーオプション

* 女性用サイズも利用可能

良くない点:

* 価格を重視したウェーディングフットウェア – この値段でウェーディングシューズは買えますが、KEEN製のNewport H2sが長持ちするハイキングサンダルであることを考えるとこちらを買う価値があります

* ほとんどのサンダルよりも良いですが、深い泥から出るにはやや困難が伴います。

Chaco  Zcloud スポーツサンダル

Chaco  Zcloud スポーツサンダル

私は今までZcloudサンダルで沢山の釣りやハイキングに一緒に行ってきました。

Chasiは秋に一足のサンプルを送ってくれました。

それ以来私は、パタゴニアの岩だらけの小川から南スペインの砂浜まで、徹底的に履いてきました。

それは多目的かつカジュアルなサンダルでどんな状況、特にウエットウェーディングで素晴らしく使えます。

Chasiは女性用サイズも提供しています。

Zcloudsがあなたが履いて見ようと思う平均点なサンダルでないことは知っていました。

アーチサポートとソールの品質は全体的に他のシャープな製品に譲ります。

耐久性のあるポリエステル製ストラップは足にぴったりと固定されます。

このサンダルは何マイル歩いても問題ありません – 箱から取り出す時に適切に調節する事は忘れないでください(説明書が入っています)。

時々私は平らな所でそれを緩め、ゴム草履のようにします – 何時間かの使用後に再度締め直のが良いです。

ラバー製の靴底は特に石の多い川底でとても歩きやすいです。

パタゴニアでフライフィッシングをしている間、私は歩幅を変えることなく川の中と外を行き来しました。
一方、通常のサンダルを履いた私の友人は、フットウェアを通して入ってくる石が土踏まずを傷つけるとこぼしていました。

靴底は足と地面の間を厚く覆うようデザインされています。

濡れた石や滑りやすい表面はChacoGrip ラバーの靴底と3.5mmの深い突起で素晴らしく制御されます。

私は足の下に溜まった小石にとても困っていたのですが、単純にストラップを緩めるか(川の中で)土踏まずに隙間を作るだけで簡単にサンダルを綺麗にできます。

深い泥の中をZcloudsで歩くのは少し困難です。

爪先と踵が空いており、素足がほとんど外に晒されているので、足を引っ張りあげようとするとソールとの間に大きな吸引力が発生するからです。

私は泥の中を快適に動きました(それを脱ぐ必要もありません)が、もし釣り場が泥の中ばかりだったら、それを購入しないでしょう。

私のZcloudsでの唯一の不満は、フライフィッシングの最中に時々釣り糸が調節用の留め金に引っかかる事です。

右足を水から出し、大きく釣り糸を投げるときにいつもそれが起こり、とてもイライラします。

投げ方を注意して変えれば修正されますが、足元ではなく投げ方に集中するのはやっかいです。

サンダルが水没しても問題ありませんが、フライフィッシング愛好家が正しいウェーディングフットウェアを考慮するのに注意すべき点はまだあります。

それらは全てウェットウェーディングにも通常用途にも使える優れたサンダルです。

私は南アメリカからヨーロッパまで数え切れないほど履いてきましたが、それは釣り用のものよりはるかにカジュアルでした。

それはバックパックにも良く収まり、積み込むスペースが一杯の釣り人にとって最適です。

釣り場所が暖かいときはウェットウェーディング用のZcloudsのようなサンダルをひとつ持っていけばとてもスペースの節約になります。

同じようなウェーディングスタイルでZcloudsの代替品として、Teva製のUniversal Sandalがあります。

それはChacosと同様のアーチサポートはありませんが、求めやすいウェーディングフットウェアとして良い選択肢です。

Xero ShoesのZ-Trail Lightweight Sandal は低価格と超軽量のために摩擦力とアーチサポートを犠牲にしたもう一つの選択肢です。

Chaco  Zcloud スポーツサンダル

良い点:

* ビーチ、バー、そして街中でも履けるシャープな外観

* 長時間の歩行にも耐える形態の素晴らしい履き心地 – それはあなたの通常のサンダルにはないものです

* 調節が簡単 – 砂利道で小石などを靴底から払いたいときに締め付け/解放がすぐに可能

* 旅行に持っていきたいときにバックパックに小さく収納可能

* 9種類のカラーオプション

* 女性用サイズも選択可能

良くない点:

* やや価格が高いですが、単なる釣り以外にもはるかに多くのことが可能です

* 水辺から上がっている際、フライフィッシングで糸が引っ掛かることがあります。

* ぬかるみを歩く際にサンダルが引っ張られ、ストラップに力がかかります

ALEADER 男性用 Quick Drying Aqua ウォーターシューズ

ALEADER 男性用 Quick Drying Aqua ウォーターシューズ

ウェーディングシューズとウォータースニーカーはあなたのウェットウェーディングのスタイルによって違ったアプローチをとります。

良いウェーディングスニーカーは材質において通常のものと本質的に違いはありません。

履き心地はサンダルや昔ながらのウェーディングブーツとは対照的にとてもスポーティです。

釣りに適した日に水中でも歩行可能な一足のフットウェアを持っていくなら、この選択肢は考える価値があります。

川や湖でスニーカーを履いて釣りをするのはやや滑稽に見えるかもしれませんが、シンプルが良いという面からは一つの選択肢です。

私には南コロラドに住む友人がいて、彼はウェーディングブーツとして安いウォルマートのスニーカーを信用しています。

彼が言うには、1シーズンに一足使うけれども、通気性のあるウェーダーに100ドル以上使う理由はないとのことです。

とても滑りやすい石のある流れの中でウェーディング中、彼の引っ張る力は我々の誰よりも強くのです。

1日の終わりに家に帰る(時には数時間かかる)際、彼のスニーカーは私達の重いブーツよりも遥かに軽かったです。

そこで、私はウェーディングブーツとしてのスニーカーは実際素晴らしい事に気がつきました。

ALEADERのスニーカーは、私の釣り友達が履いていたハイキングやウェーディング用にデザインされたものより良いです。

通気性のある素材は水から出た後は素晴らしい通気性と軽量さを保ちます。

このスニーカーはネオプレンブーツと似ていますが、その素材は、暑い日に足をとても涼しく保つでしょう。

ComforDry製の中敷きはさらにソールに弾力性を与え、乾燥を促進します。

そのため、使用中は快適です。

それはウェーディングのための本物のスニーカーです – 歩行に苦労するウェーディングシューズではありません。

ラバー製の排水ソールは滑りやすい状況で素晴らしい吸着性を発揮し、Solyteミッドソールはハイキング時に程よく反発するようデザインされています。

このシューズで一日中快適に動き回ることができます。

このシューズはサンダルスタイルのウェーディングフットウェアに比べて泥の中で使いやすくなっています。

靴底が本体に固定されながらもかなりローカットなので、くるぶしまで埋まる泥の中から足を引っ張り出す時は気をつけてください。

靴底には小石が入ってくるのに十分な大きさの穴が排水用に空いています。

もし砂利底の流れの中で釣りをする時はこの機能が邪魔かもしれませんが、このモデルのソールに関して不満を述べる人はほとんどいません。

いくつかのカスタマーレビューではハーフサイズ小さめをお勧めしています。

実際よりハーフサイズ大きいこのスニーカーと1mmのネオプレンソックスをペアで買うのがおそらく間違いないでしょう。

これとチェストウェーダーのペアなら、ネオプレンブーティに合わせてフルサイズ大きいものを試してください。

どんな状況でもこのスニーカーのパフォーマンスに感動すると思います。

ウェーディングスニーカーの汎用性がとても気にいるでしょう。

もしこのスタイルのウェーディングシューズの考え方が好きになり、他のモデルのチェックしたくなったら、Putuのultralight pair fromやKeeskyのquick drying sneakersを必ず見てください。

ALEADERはまたスリップオン型のモデルも製造しています

ALEADER 男性用 Quick Drying Aqua ウォーターシューズ

良い点:

* 手頃な価格

* 素早い排水と陸上では水分を保持しない素晴らしい軽量スニーカー

* 足に軽く、しかし足全体の保護をしたい時に最適

* 滑りやすい状況での排水性能の高さ

* 通常のスニーカーとして十分使える薄さと同時にチェストウェーダーと一緒にも使える

* 15種類のカラーオプション

良くない点:

* くるぶしの高さと閉じたデザインはウェーディング状況によって小石が中に入ってくる。

* 川底に大量の小石がある所で釣りをしていると靴底が小石で埋まってしまう。

 SoftScience テレインボートシュー

SoftScience テレインボートシュー

こちらは激しいトレッキング用途の、ウェーディングスニーカーにしてはやや重いバージョンです。

このスタイルのウェーディングフットウェアは、より頑丈でしかも軽量な外観をもつウェーディングスニーカーとブーツのハイブリッドとして分類されます。

もしあなたが快適でハイキング向けのシューズの中で今まで紹介したものよりもタフなものが好きだったら、これがまさに探していたものです。

価格は確かにこの種のウェーディングシューズではやや高いですが、長持ちします。

このシャープな見栄えのSoftScienceからのシューズはチェストウェーダーと共に、もしくはそれ自身でウェットウェーディングに着用できます。

できれば1サイズ大きめを買ったほうがいいと思います。

そうすればどちらのスタイルの釣りにも使えます。

ネオプレンソックスとペアにすればウェットウェーディングにとても良くフィットします。

このスタイルのウェーディングフットウェアの利点は前章で述べました。

このようなスニーカーやブーツは泥の中でも軽量で良く動き、トレッキングにとても合います。

このブーツはすでに記載したウォータースニーカーよりも確実に丈夫にできていますが、歩くときに少しだけ重いです。

それは合成繊維と通常の生地の組み合わせで、石の多い斜面向けの厚いソールをしています。

カスタマーレビューでは長時間の歩行向けにクッション性が良くステップごとの反発もいい具合とされています。

私はこのブーツがくるぶしの上まで拡張されているところが好きです。

もしあなたが穏やかな流れから急流まで水深のある個所を渡るような釣りをするなら、くるぶしをサポートするウェーディングフットウェアを履くのが良いです。

ウェットウェーディングのポイントの半分は釣りへの最小限のアプローチですが、このような重いブーツが必要になるかはどこで釣りをするかによります。

一日の終わりに、このSoftScienceの選択肢は普通のウェーディングブーツよりもスニーカーのように感じます。

このスタイルの中では他に比較できるウェーディングフットウェアはありません。

SoftScienceは購入する価値のある唯一のウェーディングスニーカー/ブーツを作っているのです。

スニーカーかブーツか、これは良い折衷案です。

SoftScience テレインボートシュー

良い点:

* ウェットウェーディングにもウェーダーにも使えるユニークなウェーディングスニーカー/ブーツのハイブリッド

* くるぶしまでの高さは小石類の侵入を防ぎ、いくつかの追加機能を提供

* 密閉されたデザインとくるぶしまでの高さのため泥の中の歩行に適している

* ウォータースニーカーの軽快さとのペアの使用をサポート

良くない点:

* 他のウォータースニーカーよりやや高い – ウェーディングブーツ/スニーカーのハイブリッドにするかそれぞれ別に買うか決める必要がある

* 整数サイズのみ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする