おすすめの家庭用3Dプリンターまとめ(2018年版)

bestbuy3

教室からデザインショップに至るまで、3Dプリンターはどこでも見られます。

また、3Dプリンターは、プロのデザイナーから教育者、愛好家などのあらゆる人に使われることを期待されているように、提供する機能とコストはさまざまです。

さまざまな価格帯の12種類以上のモデルを、幅広く何時間もテストし、評価した結果、予算的にあった総合的ナンバーワンは、XYZダヴィンチMiniです。

なぜならば、オートキャリブレーション機能が初心者をサポートし、また、充分なスピードで良好な印刷物が得られるからです。

残念なことに、ダヴィンチMiniは、最近は手に入れるのが困難です。

現在、低価格の3Dプリンターが必要なのであれば、XYZ社のダヴィンチminiMakerが基本的にMiniと同じモデルです。

違うのは、PCへの接続がUSBのみでWi-Fi接続ができないところです。

さもなければ、XYZ社がまもなく出荷する予定と発表したばかりの、新しい価格帯モデルのダヴィンチNanoがあります。

さまざまな材料で印刷したい人は、ABS、ナイロン、ポリカーボネート、ポリスチレンをサポートするルルツボットMiniをチェックすべきです。

3Dプリントの愛好家やプロのデザイナーは、交換可能な2つの押出機をもつUltimaker3の優れた印刷品質を高く評価しています。

プリンターに多くのお金をかけられない場合は、ルルツボットTaz6がよいと思います。

ルルツボットTaz6は、最新のUltimaker社モデルに比べて安く、昨年私たちがレビューしたときは、高速で高品質な印刷物が得られました。


最新のニュースとアップデート

 私たちのお気に入りのSLAプリンター、フォーム2を作っているFormLabs社は、CES 2018で新しい2つの樹脂を発表しました。

リジッドは、磨き仕上げと高い剛性の両方を保証するガラス強化樹脂です。

もう一つの新しい樹脂のグレイプロは耐久性に優れていて、プロットタイプを作るには最適です。

 あなたが安価なSLAプリンターを探しているのなら、Uniz社は3Dプリンター、スラッシュOLを599ドルで購入できるクラウドファンディング・キャンペーンを行っている最中です。

スラッシュOLは、7.8×7.5×4.7インチの大きさで、UDP技術のサポートにより、非常に速い速度で印刷することができます。

今夏に発売される見込みです。

 XYZPrinting社はCESを利用して、一対の新しい3Dプリンターを展示します。

ホームユーザーと愛好家は、ダヴィンチNanoに興味があります。

これは、XYZ社の、4.7立方インチという最もコンパクトな空間を備えた229ドルのプリンターです。

Nanoは、側面が密閉され、またプリントベッドは取り外し可能で、学校や家庭などで使われるのが理想的です。

これとは反対で、4,000ドルのダヴィンチカラーAiOは、昨年末の最後に私たちの目を引いた、フルカラーの3Dプリンターのアップデート版です。

このバージョンにはカラースキャナが含まれているため、あだ名が“オールインワン”です。

ダヴィンチNanoとダヴィンチカラーAiOは、2018年初頭に出荷される予定です。


3Dプリンターの価格

大きな物をプリントするプロのデザイナーやクリエイターが使用する3Dプリンターであれば、非常に高価かもしれません。

Ultimaker3とFormLabs社のフォーム2の価格は、いずれも3,000ドル以上です。

しかし、1,000ドル前後でも非常に有能な3Dプリンターを見つけることはできます。

そして、初心者、教育者、家庭の印刷愛好家を対象としたマシンでは、価格がさらに低くなります。

エントリーレベルの3Dプリンターの価格は300ドル以下です。

さらに、Monoprice社の160ドルのミニデルタ3Dプリンターのようなものもあります。

私たちは、このプリンターに関して、価格がもっと下がるだろうとレビューしたばかりです。


3Dプリンターで見るべきところ

どの3Dプリンターが、あなたにとって適切かを決める方法がわからないのですか?

ここに、プリンターを買うときに考慮すべきいくつかのことを挙げてあります。

プリンターの種類:

3Dプリンターには、FFM(溶融フィラメント製造)とSLA(ステレオリソグラフィー)の2種類があります。

FFMプリンターは、移動するプリントヘッド内でプラスチックフィラメントを溶かすことによってモデルを形成します。

SLAプリンターは、ソリッドモデルを形成するためにレーザーを集束させ、凝固させるためには紫外線(UV)レーザーを使用します。

FFMプリンターは、一般的に安価で簡単で使いやすいですが、SLAモデルの価格も、XYZprinting社のノベル1.0が約1,000ドルというように安くなってきています。

印刷用材料:

どのタイプのプリンターを選んでも、印刷時に使用する材料の種類に注意してください。

ルルツボットTAZ6 のようなFFMプリンターで使用されるフィラメント材料は、PLA(もろい生分解性材料)、ABS(レゴブロックにも使われているプラスチック)、ナイロン、TPE(柔らかいゴム状の材料)、HDPE(軽くて丈夫なポリスチレン)など複数あります。

これらの多くの材料、特にPLAとABSには、非常に幅広い色があります。

フィラメントサイズは、1.75mmと3mmの2つがありますが、互換性はありません。

SLAプリンターは、FFMよりもオプションは少ないですが、フォーム2のようなプリンターは、非常に硬いモデルを作る樹脂から柔らかいゴム状のモデル作る樹脂まで使用することができます。

最高のプリンターは幅広い材料を使用できますが、それらはそれぞれ長所と短所を持っています。

(例えば、HDPEは軽くて丈夫ですが食品用途には向いていませんし、ナイロンは食品用途として安全です。)

一部のプリンターでは、プリンターを製造した同じ会社の材料か承認済みの材料しか使えないことに注意してください。

その意味では、3Dプリンターのこれらのタイプは、伝統的なペーパープリンターに似ています。

すなわち、メーカーは、ハードウェアを安価に販売して、その消耗品でお金を稼いでいます。

(私たちが挙げた最高予算の3DプリンターのダヴィンチMiniは、例えば、メーカーであるXYZprinting社のPLAフィラメントでしか動作しませんが、XYZ社のフィラメント価格はほとんどのサードパーティの材料価格と同じです)。

他の3Dプリンターでは、種類や材料の制限はありません。

印刷サイズ:

すべてのプリンターには、作成可能な3D印刷サイズに制限があります。

この制限は、プリントベッドのサイズとプリンターがどこまでプリントヘッドを移動できるかによって決まります。

これは通常、立方インチで測定されますが、デバイスが作成できる3Dプリントの最大サイズは個々の寸法によってきめられてしまうということにも注意すべきです。

例えば、223立方インチ(6.2 x 6 x 6インチ)の印刷体積をもルルツボットMiniのようなプリンターは、高さ、幅、奥行きのいずれも6インチのオブジェクトを印刷することができます。

印刷速度と品質:

3D印刷は時間のかかるビジネスで、現時点ではこれを回避する方法はありません。

印刷時間は印刷品質にもよりますが、通常の3~4インチのモデルで6~12時間かかります。

これは、印刷が層の積み重ねで構成されているという3D印刷の仕組みのためです。

これらの層が厚いほど、また印刷が速く行われるほど、層が目立つようになり印刷物の品質は悪くなります。

したがって、印刷速度と印刷品質の間には相反するものがあります。

最高のプリンターを使用すると、印刷物を作るのを素早く行うか、あるいは、高品質を求めるのでゆっくり行うかなど、どのように行うかをあなたが決めることができます。

最高のプリンターでは、高速(低品質)から低速(高品質)まで、幅広い品質設定をすることができます。


XYZダヴィンチMini 3Dプリンター

XYZダヴィンチMini

予算的にベストな3Dプリンター

・プリンターの種類:FFM
・レイヤー解像度:100ミクロン
・材料:PLA
・ビルドボリューム:5.9 x 5.9 x 5.9インチ

XYZprinting社は、あらゆる人の予算にマッチするように、このデバイスを270ドルで提供しています。

ダヴィンチMiniは、使いやすいソフトウェアとオートキャリブレーション機能があるので初心者向けのすばらしい3Dプリンターですが、妥当なスピードできれいで滑らかな印刷物を得ることができます。

(しかし、高解像度での印刷は、かなり時間がかかります。)

XYZ社のPLAフィラメントを使用しなけらばならないという制限がありますが、そのフィラメントの値段は高くはありません。

その公正な歩み寄りのおかげで、3Dプリンターで見栄えの良い物を魅力的な価格で作ることができます。

Miniは最近は見つけにくいので、XYZ社のダヴィンチminiMakerを代わりに使ってみてください。

miniMakerは、PC接続にWi-FiではなくUSBを使用している以外は、本質的にMiniと同じプリンターです。

XYZプリンティング 3Dプリンター ダヴィンチ mini w 無線LAN対応モデル、 PLA/タフPLAに対応
コンパクトでスタイリッシュ、重さ8kgで持ち運びにも便利(造形サイズ15×15×15cm)


ルルツボットMini

ルルツボットMini

最高の中級3Dプリンター

・プリンターの種類:FFM
・レイヤー解像度:100ミクロン
・材料:PLA、ABS、ナイロンなど
・ビルドボリューム:6 x 6 x 6.2インチ

ルルツボットMiniは、キャリングハンドル付きの小さな体で大きな性能を提供します。

テストでは高品質の印刷物を提供しましたが、標準のPLAおよびABSプラスチック以外のいくつかの材料でプリントできます。

ナイロンや金属充填プラスチックフィラメントのような材料を使用するための高温押出機もあります。

ただし、ルルツボットMiniは1つの押出機しかないので、ひとつの印刷ジョブで複数の材料や色を使う場合は、フィラメントを手動で交換する必要があります。

ユーザーフレンドリーなCuraソフトウェアを使用すると、プロジェクトを簡単に実行できます。

LulzBot Mini Desktop 3D Printer


ULTIMAKER 3

最高のマニア向け3Dプリンター

・プリンターの種類:FDM
・レイヤー解像度:20~200ミクロン
・材料:PLA、ABS、CPE、PVA
・ビルドボリューム:8.5 x 8.5 x 7.9インチ

Ultimaker社の最新プリンターUltimaker3はかなり高価ですが、デザインのプロフェッショナルや3D印刷の熱心なファンにとっては、その価格以上の価値があります。

Ultimaker3の印刷品質は優れていて、ドラフトモードであっても、これまで私たちが見た3Dプリンターから印刷されたベストなものとおなじくらい優れています。

そして、Ultimaker3は幅広い材料をサポートしています。

その優れたソフトウェアは印刷物の扱いを簡単にし、交換可能な2つの押出機を備えるプリントヘッドは、柔軟性を飛躍的に向上させています。


FORMLABSフォーム2

フォーム2

最高の樹脂プリンター

・プリンターの種類:SLA
・レイヤー解像度:25ミクロン
・材料:樹脂
・ビルドボリューム:5.7 x 5.7 x 6.9インチ

Formlabs社の最新のSLAプリンターは、前機種のフォーム1+の印刷領域が156立方インチであったのに対して、224立方インチと改善されています。

また、過去のバージョンの2つの問題点を改善しました。

すなわち、印刷メカニズムを更新して印刷における不具合をなくし、また、サードパーティ製の樹脂を扱うことができるようになりました。

しかし、最も重要なのは、フォーム2がきれいでシャープなエッジを伴った、細部にこだわった印刷物を生み出すことです。

その価格は、カジュアルユーザーには手が届かないものですが、エンジニア、アーティスト、宝石商はフォーム2のパフォーマンスを感謝すると思います。

Form2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする