テヴォ タランチュラ(Tevo Tarantula)3Dプリンター レビュー

2016-Newest-TEVO-Tarantula-I3-Aluminium-Extrusion-3D-Printer-kit-printer-3d-printing-2-Rolls-Filament_large

テヴォ タランチュラ(Tevo Tarantula)

RCと3D印刷は、ピーナッツバターやゼリーのようにペアで作動します。

機械は故障してしまうことが多いので、必要に応じて壊れた部品を交換する手段があれば便利です。

また、パーツフィッティングにも非常に便利です – 最も一般的な用途は、HDカメラを貼るためのマウントを印刷することです!

しかし、フレームが少しサイズ等が違うので、FPVカメラが正しく収まらないとしましょう。

その場合は、カメラを固定する小さなマウントを設計して印刷するだけです。

または、アンテナを取り付ける方法や、モーターを保護する方法、またはモーターを固定するための方法が必要です。

底面に取り付けられたバッテリーを保護する必要もあります。

小さなワップのための持ち運び用ボックスも必要です。

これらの問題の解決策は3D印刷です!

TEVO 3Dプリンターキット オート&ラージベッド3D印刷 2ロールフィラメント 8GBメモリーカード付き

言い換えれば、3D印刷自体は非常にやりがいのある中毒性の趣味です。

3Dプリンタが数年前に市場に登場したとき、非常に高価でした。

優れたプリンタでは、最低でも数千ドルの値がしました。

現在では、安価なキットが200ドル以下で入手可能です!

まだ高価な1000ドルのプリンタが存在することは確かですが、安価なモデルを選ぶことで手軽にプリンタを手に入れることができます。

より安価なプリンタはDIYキットであり、それらを稼働させるためにいくつかの調整が必要ですが、一度正しく設定すると印刷可能となります。

また、補足として品質は主な使用に十分以上になります。

RCの趣味は信じられないほど安く手に入り、DIYなのでキットを作るのがあなたの選択枝にあるはずです。

キットを作るもう一つの利点は、一度手ですべてを完成させると、何かがうまくいかない場合に備えて、どのように動作し、何を修正するかを本当に理解することが可能な点です。

テヴォ タランチュラ(Tevo Tarantula)

それはRTFクワッドコープとクォードコプターを買うことに似ています。

パーツから3Dプリンタを構築するという考え方は、最初は考えられないかもしれませんが、それは本当にシンプルなマシンです。

シンプルさは素晴らしさです。

昨年、中国のメーカーが出してきたわずか150ドルほどで入手可能な超人気のキットです。

しかし、それはアクリルフレーム製で振動の多い状態にあります。

0.4mmのノズルを持ち、1.75mmのフィラメントをサポートします。

私が持っているモデルは、PLA、ABS、ナイロン、フレックスフィラメント、さらには木材フィラメントでも十分に熱い240℃までのノズルを得ることができます。

私はこれまでPLAを試してきましたが、すぐにFlexとWoodを試してみようと計画しています。

一方、テヴォ・タランチュラには、はるかに頑丈で剛性のあるアルミフレームがあります。

タランチュラは信じられないほどよくできた、専門的ともいえるカスタム印刷ボックスがあります。

内部にはフィラメントのロールがあり、小さなプラスチック製のジップロックバッグでラベルされています。

テヴォ タランチュラ(Tevo Tarantula)

コンポーネント(モーターやマウントなど)はすべて、対応するハードウェアと同じフォームカットアウトに配置されていました。

こうすることで、どのハードウェアがどこに行くのかを知る必要はなく、各セクションを取り出して作業を開始するだけです。

フォームパッキングの3つの層があり、それぞれにはいくつかの部分があります。

テヴォが行った本当に良いことは、少し余分なハードウェアも含まれていました。

ボルトやナットを落としたり剥がしたりした場合は、キットに入れ替えて使う必要があります。

また、プリンタのアップグレード版を印刷して添付しなければならない場合は、余分なナットとボルトが必要になります!

テヴォタランチュラはプルサ i3の複製です。

プルサ i3はデカルトプリンターで、X、Y、Zの3軸の3D座標系で動作することを意味します。

3つのモーターが協働して3次元の任意の点でノズル(溶融プラスチックが出てくる部分)座標に従ったスペースの中で作動します。

3Dプリンタには、押出機を制御する第4モータがあります。

これは、プラスチックフィラメントをホットエンドとノズルに押し込みます。

押出機はホットエンドに直接接続されています(ダイレクトドライブ設定と呼ばれます)。

テヴォ タランチュラ(Tevo Tarantula)

ボウデンチューブと呼ばれるプラスチックチューブを介して接続されています。

ボウデン対ダイレクトドライブの長所と短所は非常に微妙で、どちらがより良い印刷物を生み出すかは完全には分からないかもしれませんが、このスレッドはあなたのためにいくつかの光を放つかもしれません。

テヴォタランチュラは非常に単純な作りで、2つの非常に優れたYouTubeプレイリストがあり、全体的なビルドプロセスを理解することができます。

すべての必要な工具はキットに含まれていますが(六角レンチとレンチ)、他に次のような工具があると便利です:

一対の小さくて鋭いはさみ

ホビーナイフ

プラスドライバー

一組の長い鼻プライヤーまたは止血剤

製造元の指示は適切ではなく、初期の反復から改善されていますが、まだまだ曖昧です。

これが初期の3Dプリンタであれば、あまり意味をなさないかもしれません。

テヴォ タランチュラ(Tevo Tarantula)

部品がどのような役割を担っているかを理解すれば、それを構築することはそれほど難しいことではありません。

ベアリングやナットはちょっと手間がかかりますが、それは一度だけのことです。

セットアップが完了したら、もう混乱することはないでしょう。

ビルド全体を取り上げるには、別の投稿が必要です(写真を撮らなかったので、私のプリンタを再構築しました!)。

押出機からホットエンドおよびノズルに供給されるPTFEチューブは非常に重要です。

チューブは、ノズルアセンブリが始まる直前に、可能な限りホットエンドに到達する必要があります。

私のキットでは、ノズルとホットエンドが付属していたので、間違っていたことが分かったら、プリンタ全体を組み立てた後、別のものを取り除かなければなりませんでした。

ホットエンドとノズルを取り付けられているプラスチックプレートに取り付ける前に、PTFEチューブを挿入し、確実に締めてください。

次にホットエンド(チューブに通すだけ)を取り付け、チューブを回して押出機を組み立てます。

この手順は手順には記載されていませんが、最初に実行してください。

テヴォ タランチュラ(Tevo Tarantula)

エンドストップとは、一度起動した小さなデバイスのことで、プリンタがその動作範囲の終わりに達したことをプリンタに知らせます。

エンドストップは、ホットエンドとノズルを収容する同じプレートにボルトで固定されています。

しかし、一度プレートをアルミバーに取り付けたら、エンドストップの穴にアクセスすることはできなくなります。

そのため、マウントをバーに貼る前にエンドストップを取り付ける必要があります。

箱から出してすぐには、私が望んでいたほどきれいに印刷することができませんでした。

キャリブレーションキューブを印刷する最初の4回の試行は失敗でした。

なぜなら、フィラメントが詰まって十分に押し出されていなかったからです。

Z(垂直)軸上に目に見えるバンドがあることを除いて、最初の適切な較正立方体はかなり良好でした 。

私はプリンタをうまく動作させるためにいくつかのアップグレードをしなければなりませんでした。

最も推奨されるものは次のとおりです。

テヴォ タランチュラ(Tevo Tarantula)

ラジアルファンファン

四隅のブラケット

Zストップアジャスター

ファンは、フィラメントが置かれた後にフィラメントを冷却し、所定の位置に凍結させることを目的としています。

ファンを使用しないと、プリントが変形して形状が失われる可能性があります。

ブラケットはフレームを補強します。

プラケットが無い場合はかなり揺れることがあります。

フレームが十分に硬いと感じたら、Z軸モーターのためのマウントを支えている右上のブラケットを印刷してください。

これを印刷して使用すると、Z軸のバンディングがなくなりました。

Zストップアジャスターは非常に便利です。

なぜなら、Zストップは非常に狭い場所にあり、それを手にし続けるのは痛いからです。

アジャスターを使用すると、ネジを使用してエンドストッパーをトリガーすることができます。

ネジの高さを調整して、エンドストップを動かし続けることなく高さを調整できます。

提供されたフィラメントは約250グラムで、少なくとも2つのブラケットを印刷できます。

印刷を正しくするために、いくつかの設定で微調整しなければなりませんでした。

テヴォ タランチュラ(Tevo Tarantula)

私のセットアップでは、これらの設定はかなりうまく動作しています:

層の高さ:0.2mm

ノズル:210度(ほとんどのPLAに適しています。フィラメントが低品質の場合は、少し高く設定する必要があります)

ベッド:60度

インフィル:変化する

印刷速度:45mm / s

収縮:3mm

冷却:レイヤー3から開始

第1層の高さ:デフォルト

第1層速度:デフォルト

あなたが遊ぶことができる設定:インフィル、層の高さ(0.3-0.1)、上の固体層、下の固体層、スカート/縁

実際の印刷を開始する前にノズルをきれいにしてフィラメントがうまく流れているかを確認し、すべてのプリントにスカートをかけることをおすすめします。

現在はいくつかのアップグレードがあり、そのおかげでプリンタは本当にうまく動作しており、非常に満足しています。

私はこのプリンタを購入したことに非常に満足しています。

デュアルエクストルーダー(2つの異なるパーツを一緒にペイントまたはスティックするだけで、2つの押出機と2つのノズルを管理します)

フレックス押出機を使用したモデル(フレックス押出機はジャンク品ですが、基本的な押出機も用意されています。)

ベースモデルを入手するか、より大きなベッドやオートレベルセンサーを備えたモデルを入手することをお勧めします。

TEVO 3Dプリンターキット オート&ラージベッド3D印刷 2ロールフィラメント 8GBメモリーカード付き

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする