QIDI TECH X-1 3Dプリンター レビュー

Qidiテックシングル押出機の3dプリンタ新しいモデル-x-one-完全に金属構造-3-5インチのタッチスクリーン

QIDI TECH X-1

3Dプリンタを買ってみたいけど、種類が多すぎて何を買えばわからない方、 3Dプリンタに興味があるけど、実際に買おうかどうか迷っている方に実際に使ってみた3Dプリンタのレビューをお送りいたします。

検討の一助となれば幸いです。

★24時間以内発送★QIDI TECH シングル押出機 3Dプリンター 新モデル:X-1 無料の1 PLAフィラメントと, 公式の旗艦店【その日配達、日曜日は除く】

中~高価格帯の製品を購入検討してヒートベッドとノズルの隙間調整に手間がかかることを承知であれば、高価な機種にも選択肢が広がるでしょうが、最初に買ってみたいというレベルで手が出せる価格が魅力であるということがX-Oneには言えるでしょう。

そして何と言っても、価格のわりに性能が良いです。PLAとABS両方使えますし、ヒートベッドがありますし、フロントパネルで操作できますし、直交型で剛性も高い、と価格の割に、いろいろと良い面があると言えます。

組み立てなくても良いというのも魅力の一つです。

自分で組み立てるほどの手間をかけたくない方には、最適の一台でしょう。

必要材料が一式そろっていて、すぐに印刷できるのは、便利の一言に尽きます。

本体はもちろん、材料のPLAが1巻、ヒートベッドから剥がすヘラ、ヒートベッドの高さを調整できるシート、SDカードおよびUSBコネクタ、USBケーブル、糊、テストデータにスライサーのソフトまで付属しています。

3Dプリンタに必要な材料が、一式そろっています。

QIDI TECH X-1

sponsored link

テストデータの印刷だけだったら、PCすら要らないレベルです。

ただし、付属のヘラですが、金属製なのでヒートベッドにかなりの傷がつきます。

傷だらけのベッドを見て切ない想いを抱きたくない方は、早めに樹脂製のヘラに交換したほうがよいでしょう。

また、サポートが良いということがあげられます。

当初、安かろう悪かろうと思っておりました。

しかし、梱包はとても丁寧です。サポートも12時間以内に返答するというポリシーです。

使ってみた結果、コストパフォーマンスがとても良い製品だと思いました。

最初の1台、入門機として最高ですし、かといって入門機止まりではない性能を誇っております。

X-Oneはお勧めできる製品です。

QIDI TECH X-1

実際に設置・操作してみた記録をお伝えします。

開封してみると、とても丁寧に梱包されていることがわかります。ここまでやらなくても良いのではないか、というレベルの丁寧さです。

ちなみにマニュアルは、付属のSDカード内にあるpdfファイルです。また、YouTubeで各種組み立て・交換作業が動画化されているので、そちらも参考にすることが出来ます。

梱包資材を外していきます。(ヒートベッドの下にあるスポンジは、タッチパネルを操作し、ベッドを上昇させて外します)

材料として、付属のPLAをセットします。

ヒートベッドと、ノズルの隙間が、ちょうどシート1枚分ぐらいになるよう、高さを調整します。隙間に差し入れて、擦るか擦らないかぐらいの間隔です。この作業の動画が、SDカードのレベリングビデオ.mp4ですので、参考にするとよいでしょう

ヒートベッドおよびノズルを温めて、SDカードの50mm-towerを選択します。(※SDカードのフォルダ内は表示されないようです。SDカードのルートにあるファイルのみがタッチパネル上で表示されます)

QIDI TECH X-1

小気味良い音とともに、印刷を開始します。

このように、購入したセットだけで印刷ができてしまいます。

3Dプリンタがあれば、ちょっと欲しいアイテムがあると、すぐ印刷できます。とても便利ですね。

こんな感じで、3Dプリンタがありますと、モノづくりが便利になって、いろいろ生活の幅が広がります。イメージをすぐ形にできる生活は、楽しいです。

QIDI TECH X-Oneは手軽に、そして容易にそれが実現できる一台であると言えます。

★24時間以内発送★QIDI TECH シングル押出機 3Dプリンター 新モデル:X-1 無料の1 PLAフィラメントと, 公式の旗艦店【その日配達、日曜日は除く】

sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする