イヤホン Klipsch(クリプシュ)X6i レビュー

X6iBlackBack

Klipsch(クリプシュ)X6i

クリプシュのX6iは、バランスのとれたハイクオリティなサウンドを実現することができるイヤホンです。

価格は少し高めですが、金額に見合う十分な性能がある商品です。

好評価

耳に優しくフィットする最高なつけ心地
バランスのとれた高品質なサウンド
高級感漂う仕上がり

低評価

ケーブルによるノイズ
収納ケースの使いづらさ

Klipsch New-Xシリーズ X6i ホワイト KLKX60I112

クリプシュはスピーカーのメーカーとして高く評価されていますが、スピーカーだけではなく、もしあなたがご存知ないなら、クリプシュの大変高性能なイヤホンも見過ごしてはいけません。

クリプシュは最近、4つの高級モデルを含むイヤホンのラインナップの新商品を発表しました。

今回はクリプシュのイヤホンの中でも価格が最も手頃なX6iについて詳しくご紹介していきます。

(なぜ製品名の最後が”i”で終わるか疑問に思われた方のために:”I”は左側のイヤホンに付いているコントローラーとマイクを表しています。)

クリプシュのイヤホンX6iを一週間使用して、イヤホンの中でも、最高レベルの品質をもつ商品だと実感しました。
理由は下記でご説明します。

機能性とデザイン性

Klipsch(クリプシュ)X6i

私は普段は商品のパッケージについては特に言及しませんが、このクリプシュのパッケージはX6iをプレゼンするに最適なものとなっています。

イヤフォンがプラスティックケースに固定され、コードはケースの下部にきちんと収められており、イヤフォンがまるで花のつぼみの様に見せられています。

この絶妙なパッケージも、購入する時のプレミア感を際立たせています。

X6iの特徴は分厚いケーブルと亜鉛ダイカストと一体成型されたハウジングです。

またクリプシュが特許も取得している独特の楕円形のイヤホンの着け心地は驚くほど快適です。

製品の軽さと楕円形のイヤーチップのコンビネーションはこれまでつけたイヤホンの中でも最高レベルで、特に長時間の使用に最適です。

海外へのフライトなどで使用しても疲れ、不快感を感じさせないでしょう。

イヤホンのフィット感と快適性をより高めるため、クリプシュのイヤホンには5種類のサイズのイヤーチップがセットになっています。

またケーブルの雑音を軽減するためのケーブルクリップも付属されています。

小さい音で音楽を聴いていると、自分の心音や呼吸の音が聞こえることがありましたが、通常のボリュームで音楽を聴く分には全く気になりませんでした。

付属のマイクとリモコンはiPhoneやiPadでは上手く機能し、使いやすいですが、アンドロイドの端末とはあまり相性がよくありませんでした。

iPhoneではリモコンで再生/停止、次の曲にスキップ、ボリュームの調整、Siriの起動を操作できますが、アンドロイドの端末では3回クリックしても前のトラックに戻ることができません。

アンドロイドユーザーにとっては少し不便な点です。

付属のマイクについてですが、こちらは音質も非常に良く、マイクを口元にそれほど近づけていなかったのですが、友人や家族からは私の話し声は、はっきり大きくクリアだったと聞いています。

性能

Klipsch(クリプシュ)X6i

クリプシュのX6iは高音、低音のバランスが素晴らしく、クラシックからEDMまでどのジャンルの曲にも対応します。

中音域のみずみずしさと高音のきらめくようなサウンドが特に際立って、生き生きとしたとしたボーカルのサウンドを感じることができます。

X6iは低音についても、驚くほどの素晴らしいバランスで聴くことができます。

ただ重低音のサウンドが好きな人には少しインパクトに欠けるかもしれません。

そういった重低音が好きな方にはクリプシュのX8iハイブリッドイヤホンをおすすめします。

X8iのバスドライバーが頭蓋骨にまで轟くような重低音を響かせます。

X6iの高音質は言うまでもありませんが、正直なところ、より高価なイヤホンに比べると細かなところでは劣っている点もあります。

ただ一方で、ほとんどのイヤホンは単調でつまらないサウンドになってしまうこともあるかと思いますが、クリプシュのX6iのワイドサウンドはどのタイミングでどの楽器が鳴っているのかさえ表現できます。

X6iを使用して感銘を受けたのは、それぞれのイヤーピースに内蔵されたシングルバランスドアーマチュアドライバーがサウンドを完璧にコントールしている点です。

ほとんどのメーカーがバランスのとれたサウンドを響かせるために、二つ以上のドライバーを内蔵することに頼っていますが、クリプシュは一つのドライバーで同じクオリティを実現しているのです。

その性能の高さには本当に感動しました。

X6iの使い心地は大変快適で、耳にぴったりフィットして、音が漏れるのもきちんと防いでくれます。

重たいバッテリーもなく、ノイズキャンセリング機能をオンにしなくても、周囲の音をほぼ遮断してくれるので、通勤、通学時にも重宝するでしょう。

X6iイヤホンはほとんどスマートフォンなどの端末で使用されると思いますが、オーディオ変換コンバーターとアンプに繋いで使用してみたところ、今までよりさらに素晴らしい音質で聞くことができました。

パワフルなアンプがよりきらびやかな高音を実現し、重低音のサウンドのインパクトも強くなっていました。

ただほとんどの方はスマートフォンに接続して使用するかと思いますし、そのクリアな音質に十分満足できると思います。

総評

Klipsch(クリプシュ)X6i

クリプシュのX6iは大変素晴らしい音質を実現できる商品です。

快適なつけ心地、完成度の高い構造、ハイクオリティなサウンドと性能は価格以上の価値が十分にあります。

エティモティックER-4Pのように、競合他社がわずかに革新的な商品もありますが、価格は高くなります。

Etymotic Research ER4P-T microPro In Ear Monitors, Black [並行輸入品]

オーディオマニアという方はSHURE SE215を是非チェックしてください。

SHURE イヤホン SE215 Special Edition/カナル型 高遮音性/トランススルーセントブルー SE215SPE-A 【国内正規品】

また重低音マニアという方には、ゼンハイザーMomentum In-Earsがおすすめです。

ゼンハイザー MOMENTUM In-Ear カナル型イヤホン iモデル Apple iOS向け MOMENTUM In-Ear i【国内正規品】

でも、もしあなたが200ドル前後で高音から低音のバランスのとれたサウンドのイヤホンを探しているなら、クリプシュのX6iを心からおすすめします。

簡潔に言うと、X6iは手頃な価格で、オーディオマニアをうならせるレベルの最高に快適なイヤホンです。

Klipsch New-Xシリーズ X6i ホワイト KLKX60I112

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする