イヤホン 1MORE Triple Driver (ワンモアトリプルドライバー)レビュー

1MORE-TripleDriver

1MORE Triple Driver (ワンモアトリプルドライバー)

1Moreという奇妙な名は、サンディエゴに拠点を置く音響メーカーであり、グラミー賞受賞のサウンドエンジニアにより専門的に調整された音を出すのに一部の設計にてスワロフスキークリスタルを使用したことから目覚ましいマーケティングに関して才能があると思われるとだけ言っておきましょう。

しかし1Moreの使命のもう1つの側面は、より魅力的であり、手ごろな価格で優れた品質を提供するという目標を掲げ価格上昇やデザインショートカットが蔓延した産業に対抗しています。

1Moreトリプルドライバ―インイヤーヘッドフォンは、正確には差し込み型のイヤフォンです。

様々なスタイル、材質及びサイズのイヤーチップが9組あります。

そのような付属品と材質に焦点を当てるとともに、もし、イヤフォンがオーディオ部門で不足していても、驚きはしないでしょう。

かわりに、音質は、Editor’sChoiceを獲得するほど十分良いものです。

1MORE Triple-Driver In-Ear HeadPhones Titanium Silver シルバー ハイレゾ対応 [並行輸入品]

デザイン

1MORE Triple Driver (ワンモアトリプルドライバー)

前述したように、1Moreは、材質に焦点を当てています。

トリプルドライバーのイヤーピースには、直線上にマイク、再生、問い合わせ管理、トラックナビゲーション及び音量を制御する3つのボタンのリモート区画が収納しています。

音量はモバイルデバイスのマスターボリュームレベルに連動して機能します。

イヤーチップの配置は本当に印象的です。

前述したように、大きな9組のイヤーチップが手に入ります。

6組は、10㎜~14.5㎜の範囲のシリコンチップであり、他の3組は、11㎜~14.5㎜の範囲の泡状物質のチップになります。

(一般的によりしっかりしたフィット感で周辺のノイズ低減を提供します。そして、優れた密封の為、低音域レスポンス与えることもできます。)

トリプルドライバーイヤホンには、黒革のグレーン仕上げの魅力的なキャリーケースだけでなく、金色の直線ジャックアダプターが付属しています。

デザインと付属品の観点から、1Moreは、間違いなく釘付けにします。

パフォーマンス

1MORE Triple Driver (ワンモアトリプルドライバー)

ナイフの「Silent Shout」のような強烈なサブベースのコンテンツトラックにて、トリプルドライバーは、強力な低周波レスポンスを実現します。

聴覚での一番上のレベルでは、低音は歪まず、適度なレベルにおいてはまだ深く、安定しているように聞こえます。

しかし、トリプルドライバーインイヤーでは、存在しないところでは低音を生み出しませんし、強めることもありません。

トラックに深い低音がある場合、しっかり助けを得るでしょう。

低音がなければ、余分なものは何も聞こえないでしょう。

焦点は、高性能の鮮明さにあると思われます。

中高音域と高音域では、はっきりしています。

ビル・キャラハンの「Drover」は、ミックスの中で深みの少ない低音を持ったトラックで特徴あるサウンドのより正確な概念を提供します。

1MORE Triple Driver (ワンモアトリプルドライバー)

このトラックでのドラムは、重たい低音域を強調しているので不自然に聞こえますが、素晴らしいと思います。

完全なローエンドの存在感があります。

ドラムが自然に持っているものこれ以上何もないものを与えています。

キャラハンの豊かなバリトンの声とギター演奏の立ち上がりにエッジとパリッとした新鮮さを与える中高音域と高音が最高です。

バランスがとれ、クリアーな音であり、低音域レスポンスを専念すること無しに高い周波数の明瞭さを求める自分の信念に忠実な人に対して引きつけるものになるでしょう。

Jay‐Z及びKanye Westの“No Church in the wild”のキックドラムループでは中高音域の存在の理想的な水準が見受けられます。

1MORE Triple Driver (ワンモアトリプルドライバー)

ループ音の立ち上げを強調しながら、低音では、ドラムのサステインを十分に持続します。

ビート音を中継するサブバスシンセサイザーヒットがたくさんの共鳴部と深みがありますが、ミックスを追い抜く点に関して誇張されていません。

通常、バックグラウンドに委ねたビニールクラック音は、いつもより明白です。

他の音域が他より増加しているなら、最も高い周波数になります。

ジョン・アダムスの”The Gospel According to the Mary ”のオープニングシーンのようなオーケストラトラックでは驚異的です。

低音域のインスツルメンテーションの豊かさと高音域弦楽器、金管楽器とボーカルの鮮やかな高音をお互い完全に補完します。

このバランスは、ほぼ完璧です。

低音レスポンスは、間隔を縮めること無しにサポートの役割を果たしています。

レコーディングが行われたことに関する線間のすばらしい感覚と全周波数域にわたる理想的な鮮明さを得られます。

結論

1Moreの人目を引くマーケティングでは、販売されないかもしれませんが、トリプルドライバーインイヤーヘッドフォンは、すばらしいものであることに関して否定はしません。

素敵なアクセサリーを備え、会社の社是に関して忠実です。

1Moreは、私が価格を知らないかを質問したかを推測しないうちに連絡をとります。100ドルで簡単にEditors‘ Choiceを獲得します。

1Moreは、過去のお気に入りと比較すると、その中のいくつかはかなり価値があり、よくバランスのとれたインイヤーのペアが市場にある場合、十分に研究する価値があります。

Bowers & Wilkins C5 シリーズ2

Bowers & Wilkins C5 Series 2 C5 S2 バウワース&ウィルキンス

Klipsch Reference X6i

Klipsch New-Xシリーズ X6i ブラック KLKX60I111

Focal Sphear
そして、

フォーカル ハイレゾ対応インイヤーヘッドホンFOCAL SPHEAR High-resolution In-Ear Headphones SPHEAR

NuForce HEM2
を確認してください。

NUFORCE 【ハイレゾ音源対応】[マイク付]カナル型イヤホン(レッド) HEM2RED

しかし、1Moreトリプルドライバーは、長い間、試した中でより手頃な価格で良いものの1つだと言えます。

1MORE Triple-Driver In-Ear HeadPhones Titanium Silver シルバー ハイレゾ対応 [並行輸入品]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする