XYZ Da Vinci Mini(ダヴィンチミニ) 3Dプリンター レビュー

407813
XYZ Da Vinci Mini(ダヴィンチミニ)

3Dプリントは興奮せずにはいられないすごい技術です。

自分の作品を3D出力できたらどんなに素晴らしいでしょう。

しかし、これまでのところ3Dプリンティングはお金のかかる技術であるため、試作品を手早く作る必要のあるビジネス領域に限られていました。

基本機能だけの3Dプリンターでも7万円以上はします。

これにリフィルフィラメントや技術料でさらに財布が傷むことになり、簡単な使い方でも年間15万円もかかる高価なおもちゃになりかねません。

Da Vinci Miniはこの流れを断ち切り、3Dプリンティング技術を大衆に広めようとするXYZ社の試みとなる製品です。

XYZprinting da Vinci mini 3D Printer – 5.9” x 5.9” x 5.9” Build Volume (Includes Non-toxic PLA Filament, Printer Enclosure, Print Bed Tape, Cables & Power Adapter, Cleaning & Maintenance Tools) [並行輸入品]

XYZ Da Vinci Mini 3D プリンター – わずかなコストに小さなサイズ

xyz+da+vinci+mini+prints+-+1
XYZ Da Vinci Mini(ダヴィンチミニ)

Da Vinci Miniは、低価格で販売される同社のDa Vinci Juniorの廉価版です。

XYZ社によると、この製品は愛好家が自宅で使うことを念頭に設計され、ごく普通の机の上に置けるようにデザインされているとのことです。

ショールームで見たデモ機は1.5フィート幅の場所を占めていましたが、これは2015年に発売されたDa Vinci Juniorと比べおよそ30%減っています。

これでも大きいと思えるかもしれませんが、UP Mini 2

UP mini 2 3D Printer [並行輸入品]

Formlabs Form 2のような競合する他社の家庭用3Dプリンターと比べると小さな寸法です。

Form2

この機種は家庭に置いても邪魔にならない数少ない3Dプリンターです。

小さいアパートではこれでも大きい方でしょうが。

サイズが小さいこと以外に、USB接続に加えてWi-Fi接続が可能な点も売りにしています。

本体横のホイールから送り込まれるプラスチック樹脂で出力する点もシンプルさに貢献するポイントです。

ダヴィンチ専用ABSフィラメントカートリッジ:ブラック RF10XXJP02J

XYZ Da Vinci Mini 3D プリンター – 出力品質

Da Vinci Miniはよく使われている安価なFDM(熱溶解)方式を採用しています。

これとは対照的により未来的で高価ですが取り扱いに手間のかかるSLA(光造形)方式もあります。

熱溶解方式のDa Vinci Miniでは樹脂を溶かして一層ずつ噴出しながら3Dオブジェクトを出力します。


XYZ Da Vinci Mini(ダヴィンチミニ)

SLA方式では液体レジンにレーザー光を当ててオブジェクトを作ります。

この方式は、ホント、超格好いいです。

面白いことに、2015年発売の兄弟機Da Vinci Juniorよりも本体のサイズは小さいにも関わらず、最大出力サイズは同じ5.9 x 5.9 x 5.9インチです。

私が見たデモでは、単純なハート形のバッジから複雑な形のウィッカーマン人形や数インチの高さの織目模様のついたカップのようなものまで、様々なオブジェクトを出力していました。

出力品質は、傑出したFormlabs Form 2のようなより高価な製品と肩を並べるものではありませんが、この価格帯の製品としては感動ものです。

Form2

デモで出力した作品には濃度のムラや目立つキズは見当たりませんでした。

出力スピードをちゃんと確認する機会はありませんでしたが、価格から想定されるようにあまり速くはないようでした。

XYZ Da Vinci Mini 3D プリンター – 初めての印象

da-vinci-mini-impression
XYZ Da Vinci Mini(ダヴィンチミニ)

Da Vinci Miniは3Dプリンター市場で最も安価に設定されることになっています。

デモでは出力した作品を短時間チェックしただけですが、その出来の良さに感心しました。

Da Vinci Miniの出力したオブジェクトは十分な品質で、小さなサイズのおかげで家庭に置ける数少ない3Dプリンターとなっています。

しかし、この製品が成功するかどうかはデモでは確認できなかった2つの要因、つまり設定が簡単かどうかと出力に間違いがないか、にかかっています。

近い将来この疑問点への答えが得られて、今年のどこかの時点で発売された時に、Da Vinci Miniが約束通り世界で最初の真に手頃な価格の3Dプリンターとなればいいのですが。



【エコリング】ブランド品から雑貨までなんでも宅配買取!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする